2018年2月のトピックス

3学年キャリアセミナーを開催

2月13日(火)、3年生を対象にキャリアセミナーを実施しました。これは、学生の学習意欲を向上させるためのキャリア教育推進を目的とし、毎年開催されているものです。
 今回は3年生全員が本校専攻科長による「専攻科への進学」と題した講演のほか、ふるさと島根定住財団ジョブカフェしまねのキャリアアドバイザーによる自己分析のグループワーク、株式会社マイナビからお招きした講師による応募書類の書き方の講義を受講しました。
 さらに、進学希望者向けに島根大学の平川正人教授、豊橋技術科学大学の市川周一教授、長岡技術科学大学の木村宗弘教授にお越しいただき、大学進学についてや各大学の特徴・研究について紹介していただきました。一方、就職希望者向けには株式会社MCセキュリティ 野口雅矢様、島根電工株式会社 石原裕基様、株式会社イーウェル 飯田竜太様、山陰中央テレビジョン放送株式会社 青山剛様を講師にお招きして、仕事の進め方や人間関係の築き方などについて講演していただきました。
 セミナーに参加した学生からは、「一番大切なことは自分から行動することだと思った」、「進路選択の幅が広がった」、「もっと色々な大学についても知りたくなった」など前向きな感想が多く聞かれ、進路について考えを深める機会となりました。

ビジネスプランコンテストで優秀賞を受賞

2月17日(土)に松江テルサにおいてビジネスプランコンテスト『松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト2018』の最終審査会が開催され、本校チームが優秀賞、奨励賞、楽天特別賞を受賞しました。本コンテストの学生部門には54件の応募があり、一次審査(書面審査)で選抜された4件が最終審査会に出場しました。松江高専からは2件(8名)が学生部門のプレゼンテーション審査に挑み、以下のような結果となりました。

○優秀賞(2位相当):「VRescue」
MOTT:落合朝大・松浦竜弥(情報工学科3年)、J2髙本俊・田邊優(情報工学科2年)

○奨励賞、楽天特別賞:どこいクーポン
チーム会長:北村将騎・真島皓太郎(情報工学科3年)、宍道未沙希・細川理紗子(情報工学科2年)

●松江オープンソース活用ビジネスプランコンテスト2018
http://www.shimane-oss.org/biz-contest2018/

弓道部が県知事表彰を受賞

本校弓道部が、全国規模の大会で優秀な成績を収めた団体・個人が表彰される県知事賞を受賞しました。今後、弓道部は4連覇がかかる3月の全国高専通信大会、そして連覇を目指す全国大会にて男女とも出場・優勝できるよう頑張ります。応援よろしくお願い致します。

吹奏楽部がアンサンブルコンテスト中国大会に出場

2月3日に島根県民会館にて行われた第41回全日本アンサンブルコンテスト中国大会(大学の部)に, 本校吹奏楽部から打楽器六重奏およびサックス四重奏の2チームが出場しました。
昨年12月に行われた県大会からさらに演奏に磨きをかけ、サックス四重奏は銅賞、打楽器六重奏はみごと金賞を受賞しました。

電気学会中国支部奨励賞を受賞

平成29年10月に岡山理科大学で開催された平成29年度電気・情報関連学会第68回中国支部連合大会に専攻科1年の山本凌君が発表した論文が平成29年度電気学会中国支部奨励賞を受賞することとなりました。Bi-2212相超電導単結晶のc軸方向へ直接電流を流すと、電流の増加による電圧変動の不連続性と、厚さの違いによるI-V特性の変動が観測されます。これは、c軸方向にトンネル電流と通常の電流が混在して流れるためです。また温度サイクルによるIcの変動から、熱変動よりトンネル電流の流れる領域が変化することがわかりました。

受賞対象となった研究名:『積層構造Bi-2212相超電導単結晶の面間電流』

今尾研究室の受賞歴: http://www2.matsue-ct.ac.jp/control/old/link2/imao_lab/jyushou.htm