2018年1月のトピックス

「モーターを使って小型掃除機を作ろう」開催

本校電子制御工学科市川研究室が12月16日(土)安来市中央交流センターにて安来市内の小学生4-6年生を対象に「モーターを使って小型掃除機を作ろう」と題して公開講座を実施しました。今回の教材は方眼紙に書かれた設計図から本体をはさみで切り出し、本体の組み立てやモータを取り付けた本格的な小型掃除機です。掃除機作製後はまずは軽いティッシュペーパーを吸い込み、次に少し重たい切り出した時に出た小さな方眼紙を吸い込みました。またモーターの配線を逆にすると扇風機になります。自分の作った掃除機や扇風機を使って机の上をきれいにした後、掃除機が吸い込む原理や圧力や真空について学習し、圧力が身の周りでたくさん応用されていることを知りました。小学生達は今回のものづくり教室を通じて、作るのは大変だけど自分が作ったものがしっかり動くという楽しさを学ばれたと思います。

 

弓道部が松江体育協会新年総会にて表彰

1月8日に松江体育協会新年総会が開催され、弓道部が
・第4回全国高専弓道大会 男子団体優勝
・第38回全国高専通信弓道大会 男子団体優勝
・ 同 男子個人優勝 恩田和真(D5)
・第4回全国高専弓道大会中四国予選 男子団体優勝の4つについて優秀選手・チーム賞として表彰を受けました。

「ひらめき☆ときめきサイエンス」開催

12月16日(土)に本校において、(独)日本学術振興会からの委託事業「ひらめき☆ときめきサイエンス」を開催しました。この事業は、同会が実施している科学研究費助成事業により得られた研究成果をわかりやすく発信することで学術振興を図ることを目的とし、今年度は高専・大学などで381プログラムが実施されています。

今回はこの一つのプログラムとして、実践教育支援センターの表職員が「土木構造物や3D設計技術を学び、コンクリート材料でテトラポッドや恐竜を作ろう」を行い,のべ19人の小学5年生から中学生が受講しました。