JAXA研究開発員によるキャリア教育講演会

12月11日(月)本科2年生200余名を、12日(火)本科1年生200余名を対象に、JAXA(国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構)より上嶋博子氏(有人宇宙技術部門有人宇宙技術センター主任研究開発員)を招いて、キャリア教育講演会「私の進路選択」を実施しました。上嶋氏は、熊本電波高専(現在の熊本高専)本科卒業直後、JAXAの前身の一つNASDAに就職され、「衛星管制部門」、「追跡ネットワーク部門」でデータ中継技術衛星(こだま)地上局担当等を経て、現在は「有人宇宙技術部門」で国際宇宙ステーションプログラムを担当なさっています。「卒業したら勉強は終わりではない」「思い通りにならないのが当たり前。置かれている場所で何ができるか考えてほしい」「強みを一つ作ること。失敗したらその強みに戻ればいい」など、高専OGとして学生たちに暖かいエールを送ってくださいました。

産学交流企画(島大・高専)2017への参加

12月9日(土)に島根県技術士会青年部が主催した「産学交流企画(島大・高専)2017」が島根大学で行われました.本学から環境・建設工学科5年生が4名参加しました.この企画は今年で10年目を迎え,松江高専卒業の技術士の方で組織された松江高専だんだん技術士会も共催しています.

今回は,「地域課題を解決する」ことを目的に,松江高専および島根大学の学生と島根県技術士会のみなさんとのグループディスカッションを通じて,課題に対する解決策を提案することで実践的な問題解決手法を学びました.今年の課題は「島根のイッピン」を提案するものでした.

まず,チームに分かれて,提案内容を検討し,より現実的かつ詳細な提案になるよう,チームの技術士の方のアドバイスを受けながら,制限時間内にまとめる努力がとても印象的でした.最後のプレゼンテーションでは,各班の独創的な発表に対して,活発な質疑応答で盛り上がり、大盛況で終わることができました.

 

 

高専ロボコン全国大会2017に出場

12月3日(日)に有明コロシアムにおいて「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2017全国大会」が開催されました。本校のチーム「八百万の亀々」は、1回戦で小山高専に勝利しましたが、2回戦で石川高専に敗れました。
 
【チームメンバー】八百万の亀々
山根拓真くん(電子制御工学科3年)、田村義信くん(電気情報工学科3年)、石橋拓也くん(電気情報工学科3年)
 
来年のロボコン地区大会は松江で行われます。皆様、声援よろしくお願いします。
 
●高専ロボコン オフィシャルHP
 
 
 

全国高専デザコン2017で日刊建設工業新聞社賞を受賞

12月2日3日に岐阜県のじゅうろくプラザにおいて開催された第14回全国高等専門学校デザインコンペティション(通称:デザコン)の構造部門に本校から2チームが参加しました。

構造部門では,モンゴルの合同チームを含む36高専56チームが参加し,銅線とはんだを材料とする橋の模型を作製し,耐荷性能やデザインを競いました。その結果,本校から参加したチームが日刊建設工業新聞社賞を受賞しました。これは,耐荷性とデザイン性が高く評価されたチームに贈られる賞です。

 

審査員特別賞

作品名:真田軍扇

選手:遠藤和弥,山崎綾乃,石橋康貴(以上,環境・建設工学科4年),中川景太(機械工学科3年),小竹勇平(環境・建設工学科1年)