2017年10月のトピックス

佐渡金銀山世界遺産講演会で電子制御工学科卒研生がロボットの実演展示

平成29年10月28日、新潟県佐渡市役所本庁舎において、平成29年度「佐渡金銀山世界遺産講演会」で電子制御工学科久間英樹教授が「3次元レーザスキャナとインホイール駆動型ロボットを用いた佐渡金銀山調査報告」と題して講演を行いました。本講演会では久間研究室の櫛引雄馬学生が自作した「鉱山坑道内調査ロボット」の実演も行われました。講演では佐渡市民(約120名)を対象に非接触形状測定機である3次元レーザスキャナを搭載したロボットを用いた坑道内形状測定方法を紹介しました。また形状データと江戸時代に描かれた絵図との相関関係も説明しました。また江戸時代に採掘された露天掘跡を測定した結果から開発当時の産金量を推定する方法も説明しました。ロボット実演では受講者の方々にロボットを操縦してもらい擬似坑道調査を体験してもらいました。講演会終了後もロボットの構造等に関する多数の質問が有り講演会は大いに盛り上がりました。

「学生ケータイあわ~ど2017」で優秀賞

携帯電話を使った自由なアイデアを募集するコンテスト『学生ケータイあわ~ど2017』(主催:電子情報通信学会中国支部学生会)において、本校の川上ゆりさんの考案したアイデアが2位相当となる優秀賞を受賞しました。

10月28日(土)に広島市立大学で行われた最終審査では、書類選考で選抜された8件(ケータイアイデア部門)がポスターセッション形式のプレゼンテーション審査に挑みました。審査の結果、本校の学生は以下の成績をおさめました。

●優秀賞(2位相当)
川上ゆり(情報工学科1年)「プログラミングスポーツ」

●入選(3位相当)
門脇直生(情報工学科2年)「Trip・Bingo!」
田邊 優(情報工学科2年)「AR supporter」
鄭 晟徹(情報工学科2年)「TRASH」

学生ケータイあわ~ど2017 公式サイト
https://sites.google.com/site/ketaiaward2017/

情報工学科4年生が研修旅行を実施

情報工学科4年生の研修旅行が9月11日~13日にかけて行われ、神戸のメルコパワーシステムズ(株)、計算科学研究機構(スーパーコンピュータ「京」)を見学し、情報工学が実際に社会インフラにどのように生かされているか、最先端の大型計算機を使った研究などを学びました。また神戸南京街、メリケンパーク、大阪通天閣、梅田スカイビル空中庭園、インスタントラーメン発明記念館を訪れ、スパワールド世界の大温泉と箕面観光ホテルに泊まり、温泉や豪華なバイキングで楽しむなど楽しい三日間になり、クラスの絆がより一層深まりました。

電子制御工学科4年生が研修旅行を実施

電子制御工学科の4年生が,9月6日(水)~9月8日(金)にかけて扶桑薬品工業(株)岡山工場,新日鐡住金(株)八幡製鐵所戸畑工場,(株)安川電機ロボット村,マツダ(株)マツダミュージアムの4企業・工場見学のために訪れました.各見学場所では,様々な生産ラインと特徴的な生産技術,要素技術を見学しました.これまでに電子制御工学科で学んできた知識が直結しているものから学校では学ばないことまで分野が多岐にわたっており,工学の世界は幅広く,奥深いものだと実感しました.参加した学生が,研修旅行を通じて将来やりたいことを決めること,残り僅かな高専生活に対するモチベーションアップに繋がることを期待しています.

テマセク・ポリテクニック研修生との交流会を開催

10月13日(金),テマセク・ポリテクニックからの研修生2名と本校の学生・教職員との交流会を開催しました。 はじめに日本人学生から,トビタテ!留学JAPANでシンガポールに留学した経験について紹介がありました。次に研修生から,シンガポールとテマセク・ポリテクニックについて,また彼らの研究分野や趣味について紹介がありました。 参加者も積極的に英語で質問をしました。その他,茶道体験などもあり,とても賑やかな交流の時間になりました。