3次元レーザ測定のカンファレンスで電子制御工学科卒研生がロボットの実演展示

3次元レーザ測定機の世界的企業であるFARO(株)主催の「FARO 3D User Conference Asia Pacific 2017」が東京で7月4日(火)に開催されました。FARO展示ブース内で電子制御工学科久間研究室卒研生の盆子原光学生が自作した「3次元レーザスキャナを搭載した無線型インホイール駆動ロボット」の実演展示を行いました。会場にはヨーロッパや中国からの来場者もおられ、時には英語で説明をしていました。来場者からは「販売の予定はあるのか?」「使用しているマイコンは?」「配管が入り組んだ屋根裏でも動作可能か?」等、質問されていました。主催者からは「盆子原さんがとても丁寧に対応されていた」とお褒めの言葉をいただきました。