教職員健康教育を実施

3月3日(金)本校武道場において、教職員対象とした健康教育「いつまでも自分の足で歩き続けるために~生活習慣が原因による運動器障害の予防について」を開催しました。狩野良太先生(しんじ湖スポーツクラブ)の実技指導のもと、22名の参加者が立ち上がり等の3種のテストでロコモ度(正式名称:ロコモティブシンドローム)をチェックしました。簡単なストレッチや筋トレをがんばり過ぎず毎日ちょんぼしでも行うことが、健康寿命を延ばすにつながることを学びました。