全国高専英語プレゼンテーションコンテストで第3位!

1月28日(土)~29日(日)国立オリンピック記念青少年総合センターで行われた「第10回全国高専英語プレゼンテーションコンテスト」において、本校プレゼンテーションチームが第3位に入賞、スピーチ部門でもCOCET賞を受賞しました。

●プレゼンテーション部門:3位
"How do You Find Values in Life?"  吉岡杏奈さん(電子情報システム専攻2年)、渡邊慶太君(機械工学科4年)、渡辺真梨衣さん(情報工学科3年)、指導教員:ヒガ・マーシャル

●スピーチ部門:
"Be Myself"  佐川優希さん(環境・建設工学科2年) COCET賞
"Survive, Hirata"  金築 花さん(情報工学科2年)

第10回全国高専英語プレゼンテーション公式ページはコチラ
*COCETはCouncil of College English Teachers(全国高専英語教育学会)の略称

 

    

 *表彰について(実施要項より抜粋)

プレゼンテーション部門: 優勝チームには,「文部科学大臣賞」を授与する。 1位から3位までの入賞チーム9名全員に賞状及びメダルを授与する。 特別賞として「COCET賞」「日本工業英語協会会長賞」を設ける。
スピーチ部門: 優勝者には,「全国高等専門学校連合会会長賞」を授与する。 1位から3位までの入賞者には,賞状及びメダルを授与する。 特別賞として「COCET賞」「日本国際連合協会会長賞」を設ける。

男女共同参画研修会を開催

1月18日(水)本校会議室にて教職員を対象とした男女共同参画研修会を開催しました。講師には、株式会社Woman's代表取締役 宮﨑 結花氏をお迎えし、「ストレスに打ち勝つための私生活充実セミナー ~働き方から考える。そもそもワーク・ライフバランスって~」について講演していただきました。

メンタルヘルス不調に陥る要因や長時間労働の「成果」について触れ、「やる気」を維持するためにも働き方の改革が必要であること、また今後の日本は長寿社会として無形資産(仲間・健康・自己変革する力等)を大切にする新しい生き方が必要であると提案されました。

そもそもワーク・ライフバランスとは、時間だけのバランスを取ることではなく、「ライフの充実」と「ワークを工夫して生産性を上げる」ことの相乗効果により、双方がより充実したものになるという考え方であり、職場と私生活は完全に切り離すことができないものであることを再認識できました。

松江市体育協会より表彰

1月9日(月)ホテル一畑において「平成28年度(公財)松江体育協会優秀選手表彰式」が行われ、弓道部が表彰されました。これは全国高専大会および全国高専通信大会での活躍が認められたものです。本校弓道部員はこの表彰を平成9年度から16年連続19回受賞しています。

第37回全国高等専門学校通信弓道大会
男子団体: 優勝
男子個人: 恩田 和真くん(電子制御工学科4年)準優勝

第3回全国高等専門学校弓道大会(山口市)
男子団体: 3位入賞
男子個人: 岩田 匠平くん(機械工学科3年)準優勝

平成28年度留学生スキー旅行を実施

1月21日(土)に外国人留学生、日本人チューター、引率教員の総勢16名で鳥取県の大山スキー場に行きました。本年度は暖冬の影響で雪が少なかったのですが、直前に十分な積雪となり、無事に実施することができました。スキー、スノーボードと1日を楽しく過ごしました。

 

スマホアプリデザインコンテストで最優秀賞!

1月14日(土)テクノアーク島根において、島根県産業技術センター主催の「2016年度デジタルコンテンツ開発者育成講座」最終発表会「スマホアプリデザインコンテスト」が開催されました。本校と島根大学の受講生33名(13チーム)が発表を行い、本校チームによる、外国人向けに箸の使い方を教えるアプリ「Chop'n stiX」が最優秀賞を受賞しました。その他の本校の受賞者は下記のとおりです。

●最優秀賞: 「Chop'n stiX」
盆子原 光くん、藤川超くん(以上、電子制御工学科4年)、大石孝文くん(電気工学科4年)、山本寛明(電子制御工学科3年)
●優秀賞(エクスウェア賞): 「ひげサポート」
渡部未咲希さん、柳楽万純さん、錦織さくらさん(以上、情報工学科4年)
●優秀賞(e-Front賞): 「Mamasapo!」
高本ひかるさん、中村真唯さん(以上、情報工学科3年)

本講座は、スマートフォンアプリにおけるUI/UXデザインを主題とし、受講生各自がandroid端末、ios端末などのアプリを作成し、そのUI/UXデザインを中心にプレゼンテーションを行うものです。審査員には、エクスウェア株式会社様、株式会社e-Front様、株式会社プロビズモ様の代表および現場のデザイナーの方にお越しいただき、業界を引っ張るプロの目で評価をして頂きました。受講生は、自らのデザインをアピールし、審査員と活発な意見交換を行うことで、UI/UXデザインの開発に関する知識および知恵を習得しました。これから目指すエンジニア職へのモチベーション向上に繋がる非常に有意義な発表会となりました。

●スマホアプリデザインコンテストの詳細はコチラ

●朝日新聞デジタル掲載ページはコチラ