2022年1月のトピックス

島根県と企業のデジタル技術高度化推進事業に関する覚書を締結

 本校と島根県はこの度、デジタル技術高度化推進事業に関する覚書を締結しました。これは、島根県内の企業在職者、学生などを対象としたデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に係る人材を育成し、企業の競争力強化及び学生の県内定着を図り、地域経済の発展に資することを目的としています。

 この覚書に基づき、本校は社会人や小中学生向けにIoT基礎演習、AI基礎演習、シミュレーション基礎演習の公開講座を令和8年度まで実施します。この一環として、12月18、19日に小中学生向けに高専生が教えるデジタル技術教室と題して、「CDF解析を体験してみよう!」、「スモウルビーでIoTプログラミング~GPSで宝探し」、「人工知能(AI)体験」の3講座を実施しました。参加した小中学生は、最新の技術を身近に触れることで、楽しくDXについて学ぶことができ、有意義な時間となったようです。
 本校としては、上記のような体験を小中学生に行っていくことで、DXに興味を持つ子供が増え、中・長期的に島根県の産業を支える理系人材の育成・確保につながること期待しています。
 

 

5年生の寮生を対象に「テーブルマナー講習会」を開催

 1月16日(日)、5年生の寮生を対象に学生食堂でテーブルマナー講習会を開催しました。この講習会は、テーブルマナーを少しでも理解し、卒業後のプライベートやビジネスシーンなどで役立ててもらうために、例年5年生の寮生を対象に開催されています。昨年度はコロナ禍ということもあり開催ができませんでしたが、今年度はコロナ対策を行った上で無事開催することができました。学生らは、おいしい食事をとりながら今まで知らなかったテーブルマナーを学んだり、すでに知っているテーブルマナーを復習したりすることができました。今後の様々なシーンで役立ててくれることと思います。

開催していただいたコンパスグループ・ジャパン株式会社の皆様、大変ありがとうございました。

 

クイズ研究会が3年連続全国リーグ進出(AQL2021)

 昨年11月に倉敷芸文館(岡山県)で開催されたAQL2021中四国リーグに松江高専クイズ研究会が参加し、3年生までが参加できるジュニアの部でリーグ2位となりました。惜しくもジュニアの部3連覇の夢は叶いませんでしたが、全国大会1次リーグへの進出権を獲得できました。全国1次リーグは今年1/23にオンラインで開催される予定です。昨年度開催されたAQL2020では全国トーナメント3位とトップクラスの成績を収めた松江高専クイズ研究会。今年も全国大会での大躍進に期待が高まります。

神門通りおよび出雲大社見学

 1月11日(火)に環境・建設工学科3年生の「地域建設史」で,出雲市大社町の神門通りおよび出雲大社見学を行いました.神門通りでは島根県土木部の都市計画課の方々から,出雲大社では㈱エスティックの代表取締役社長の中筋雄三様から,建設・建築・まちづくりに関わるご説明を頂きました.見学を通して,観光地整備の考え方や,国宝である出雲大社の特徴などについて詳しく学ぶことができました.大変寒い中でしたが,有意義な学習となりました.

   
 

留学生研修旅行

 令和3年12月11日、12日に留学生研修旅行を実施し、留学生7名(モンゴル4名,ブラジル1名、インドネシア1名、インド1名)、日本人チューター1名と引率教員2名の計10名で岡山県、香川県を旅行しました。

 まず倉敷美観地区を訪問し、明治維新後日本が発展したことを学びながら散策を楽しみました。次に瀬戸大橋記念公園では瀬戸大橋タワーに登頂し、どのようにして瀬戸大橋が作られたかを学び、日本の技術力の高さに感心する意見が多く出ました。
 香川県では金比羅宮を参詣しました。長い石段を登りながら、参道にあるさまざまな店や歴史的な建物を見てたくさんのことを学び、日本人の宗教観と独特の文化について理解を深めました。金比羅宮近くの中野うどん学校でははじめてのうどん打ち体験をしました。リズムに合わせてうどんをこねる独特のスタイルがとても楽しめ、留学生達に大好評でした。
 
 情報工学科5年チングーン(モンゴル出身):「瀬戸大橋は本当に長く、12㌔の橋なんて、どうやって作るんだろうと思いました。また、うどん体験は思いのほか楽しかったです。」
 情報工学科3年平山奏一朗:「うどん体験が予想外のものでしたが、自分たちで作った出来立てうどんはおいしかったです」
 
  
  
 

国際交流イベント「みんなで世界を知ろう」開催中!!

 木曜15:30~16:30本校1棟3階グローバルコモンズに於いて、「みんなで世界を知ろう」を開催しています.

2021年12月は島根県在住のカナダ(写真上段左),アイルランド(写真上段右),ロシア(写真下段)出身の国際交流委員をお招きし,国際交流を行いました.
2022年1月は,アメリカ,韓国出身の方をお招きし,継続的に国際交流を行っていきます!
(松江高専グローバルエンジニア育成事業推進室)