電子制御工学科2年生が見学旅行へ

 電子制御工学科2年生は、令和3年2月12日(金)~13日(土)、1泊2日の日程で見学旅行を実施しました。初日は稲佐の浜・古代出雲歴史博物館・出雲大社・サヒメル、2日目は奥出雲たたら刀剣館・足立美術館を見学しました。奥出雲たたら刀剣館では、普段観ることの出来ない刀剣鍛錬実演を見学し、貴重な経験を積むことができました。また、宿泊先の三瓶青少年交流の家では、体育館でのスポーツ大会、研修室での懇親会など、学生同士の親睦を深める企画も実施しました。この旅行は、島根県内の伝統文化や名所に触れることで見識を広めるとともに、学生間の親睦を深めることを目的としたものです。今年度は、前期の授業が遠隔授業となったほか、コロナの影響で様々な行事が無くなりました。そのため、2年生からの新しいクラスメイトとは、ほぼ交流が無く、ぎこちなさを感じることがありました。旅行後の学生の様子や感想からは、それが一部解消できたと実感するとともに、一時の息抜きになったとも感じています。今回の見学内容は、「電子制御」の分野からは少々離れたものではありますが、多様な経験は「ものの見方・考え方」を育ててくれます。今回のこの経験もその1つになると確信しています。