機械工学科2年研修旅行

機械工学科2年生41名が2月11日、12日に1泊2日の研修旅行を実施しました。1日目はグループ毎に事前に立てた計画に沿って、寺社巡りを中心とした京都市内の散策をしました。都市部の公共交通機関を初めて利用する学生も多く、よい社会勉強の場となりました。2日目は大阪府高槻市にあるポンプメーカーの酉島製作所の見学をしました。ここは鋳造から加工、組立までを1つの敷地内で行っている日本でも数少ない工場です。あいにく高出力ポンプの試験のため鋳造工程などの一部ラインは停止していましたが、ものづくりの現場を間近に見ることが出来ました。また、会社の方からは会社が求めるエンジニア像についてお話がありました。最後の質疑では、在籍している本校OBが学生からの質問に丁寧に回答して下さいました。実際の工場を見たり、会社が求めるエンジニア像について話を聞いたりする貴重な機会となりました。

 

電気学会中国支部奨励賞を受賞

平成25年10月に岡山大学で開催された平成25年度電気・情報関連学会第64回中国支部連合大会において本科5年の吾郷卓哉君、久保田彰空君が発表した論文が平成25年度電気学会中国支部奨励賞を受賞することとなりました。おめでとうございます。

【吾郷卓哉君の研究概要】
層状構造を持つBi-2212相超電導単結晶の表面から裏面に電流を流して、臨界電流の測定を行いました。単結晶のc軸方向の厚さを変えると、厚いものほどIcは低下します。このことから、c軸方向には通常の電流伝導機構とは異なるトンネル電流に基づく伝導機構が形成されることが明らかになりました。

【久保田彰空君の研究概要】
部分溶融Sm系超電導バルク体の作製において試料の厚さとピンニングエネルギーUpおよびJcとの関係を調べました。完全反磁性によるバルク体に侵入する磁束の抑制効果もあり、厚いバルク体ではUpが飽和する傾向が認められ、Jcとの間の相関性が生じない原因が明らかになりました。

【関連】 今尾・松本研究室

労働関係法令講座を開催

 2月14日(金)、本校大講義室において、5年生及び専攻科2年生約80名を対象とした「労働関係法令講座」を開催しました。この講座は、これから社会人となる卒業・修了予定者に対して、就職後のトラブルにより不利益を被らないよう必要最低限の労働法の知識を習得させることで、就職前の不安を解消し、就職後の定着促進を図ることを目的として開催したものです。島根労働局長坪田一雄氏を講師に迎え、「知って得する法律知識」やトラブル時の相談窓口等について、労働条件通知書の意味・見方のポイント、試用期間について、入社後のトラブル事例について等の講演がありました。講演を聴いた学生からは「就職にあたって、知っておくべき基本的な法律関係のことが分かって良かった。」「4月から働く者として、今後必ず役に立つと感じた。」といった感想が聞かれました。

島根県高等学校野球連盟より表彰

高野連野球部主将の木村圭佑くん(環境・建設工学科3年)が、高野連優秀部員として2月12日(水)に島根県高等学校野球連盟より表彰されました。

 

CVG中国2013においてテクノロジー部門優秀賞受賞

 キャンパスベンチャーグランプリ中国2013において、本校専攻科電子情報システム工学専攻1年 吹田啓介君、生産・建設工学専攻1年周藤祥平君、古川正志君のチームがテクノロジー部門優秀賞(NTTドコモ中国支社賞)を受賞しました。

http://www.cvg-nikkan.jp/index/chugoku

 本チームは、「レストランでの待ち時間通達システム」を提案しています。このシステムでは、ショッピングモールなどのレストランで混雑時に予約を行い、待ち時間を通知するシステムです。ユーザが待ち時間中にショッピングなど時間を有効利用できる点、予約時点で料理の注文やカード決済が可能である点などが評価されました。