ハスコカップ・インドアアーチェリー大会で優勝

島根県アーチェリー連盟主催の第12回ハスコカップ・インドアアーチェリー大会が出雲市のサン・アビリティーいずもで開催され、新人の部で竹田大悟君(機械工学科3年)が、少年の部で二岡和也(機械工学科3年)が見事優勝を果たしました。おめでとうございます。

書道部が書道パフォーマンスを披露

11月23日 (土)、順光寺で開催されたイベント「寺マルシェ」において、本校書道部が書道パフォーマンスを披露しました。観客の方々の多さに、学生らは緊張していましたが、校外で地域のみなさんに見ていただく機会はなかなかないので、とてもいい経験になりました。

4年面接セミナーの開催

11月22日(金)、4年生213名を対象とした「面接セミナー」を、マイナビキャリアサポーターを講師に迎え、本校大講義室で開催しました。就職、進学活動を直前にした4年生は、面接とエントシート記入におけるポイントの細かな説明を真剣に聞いていました。「社会人として常にメモをとるように」というアドバイスがあり、講演者からの貴重な情報を聞き逃さぬようにメモを取っていました。「自己分析」「企業研究」の大切さを痛感した4年生は、就職・進学活動の準備をより効果的にすると期待できます。

 

電子制御工学科3年生が株式会社協栄金属工業を見学

11月20日(水)雲南市にある(株)協栄金属工業を電子制御工学科3年生が訪問しました。
(株)協栄金属工業は、金属製品製造業を中心とし、リーマンショック後の業績のV字回復や地域の雇用を守る取り組み等が全国的に注目されている企業です。(11月20日朝6:43からのNHKラジオ第一「ラジオあさいちばん」ビジネス展望コーナーで取り上げられました)当日は小山社長から会社の概要や仕事への熱意を講演していただき、引き続き工場内を見学しました。曲げ加工機やレーザ加工機等の大型加工機、ロボットを用いた溶接等を間近で見学させていただきました。学生諸君も日ごろ実験実習等で使用している機械がどのように実社会で使用されているか大変興味深くメモを取りながら見学していました。今回の工場見学を将来の就職活動に活用して欲しいと思います。

 

全国硬筆コンクールにて入賞

第29回全国硬筆コンクールにおいて、本校書道部員が入賞を果たしました。このコンクールは、「文字を正しく整えて丁寧に書く」ことを大切にする心情を育て日本の文字文化の振興発展に寄与することを目的としています。

入賞者は、以下の通りです。
・優秀特選 岩田瞳(電子制御工学科3年)
・優秀特選 岩成敏正(1年2組)
・特選    岸純夏(機械工学科2年)
・金賞    杉本莉子(電子制御工学科4年)
・金賞    藤江遼河(1年4組)
・銀賞    渡部果純(情報工学科2年)
・銅賞    藤井桃子(環境・建設工学科2年)