リカレント教育(KOSEN(高専) 4.0)

“KOSEN(高専)4.0 ”イニシアティブ事業
「島根における建設事業者のためのリカレント教育プログラム」

本校では“KOSEN(高専)4.0”イニシアティブ事業として、「地域への貢献」を主、「新産業を牽引する人材育成」を副とした「島根における建設技術者のためのリカレント教育プログラム」を平成30年度から新規事業として推進しています。今後は、第4期中期計画期間(平成31年度から5年間)に向けて、この事業を核とした教育研究体制を整備し展開していく予定です。

* * *

●島根における建設技術者のためのリカレント教育プログラム
島根の地域創生・地域活性化のためにi-Constructionに対応した建設技術者の教育プログラムの充実を図り、建設分野におけるICT技術を活用した課題解決型技術者育成及び次世代の新技術活用促進を図る目的で、リカレント教育プログラムを実施します。

本プログラムでは、受講者はi-Constructionに対応するための3次元測量、3次元モデリングの基礎技術を学びます。基礎技術を修得した後、松江高専の学生とグループを組み、建設分野における課題に対して修得した技術と実務経験を活用して課題解決に取り組みます。本プログラムにより、本校学生と本プログラム受講生、および島根県内の行政、建設業界からの専門家との交流により、建設業の魅力を高め、建設プロセスの早期理解と技術継承を加速させ、担い手不足の解決に貢献します。

* * *

松江工業高等専門学校長 平山けいからのメッセージ
本リカレント教育の特徴は、学生と社会人が一定期間学びを共にし、地域の課題を解決しながらお互いを高めあうところにあります。実務経験豊富ではあるが最先端の技術を学びたい社会人と、社会での経験はほとんど無いが斬新なアイディアに溢れた本校学生が、最先端技術を駆使しグループを組み、島根県における課題解決に取り組みます。社会人の方々には生涯、社会で活躍し続けるためまたより良く働くための糧となるものを得られることを期待します。学生にとっては、県内企業の皆様と一緒に学びあうことで県内企業に大きく目が向けられること、自分の学ぶ分野のロールモデルとの出会いが生まれること、県内企業との信頼関係が結ばれることをなど期待しております。このプログラムの取り組みから最終的には島根への就労の足がかりとなることを大きく期待しています。

本リカレント教育プログラム実施の核となる島根県建設技術者育成協議会には、国土国交省中国地区整備局、島根県、(一社)島根県建設業協会、(一社)島根県測量設計業協会、島根県技術士会の方々に委員として参画いただいております。行政および業界団体から本事業へのご協力とご支援にこころより感謝申し上げます。

* * *

* * *

島根県建設技術者育成協議会委員名簿(PDF)

「島根における建設技術者のためのリカレント教育プログラム」募集要項(PDF)