国際プログラミングコンテスト

3月17日(土)~24日(土)にシンガポールの Republic Polytechnic において『国際プログラミングコンテスト』が実施され、情報工学科5年の学生2名が参加しました。国際プログラミングコンテストでは、シンガポールなどの学生と共同で「RoboCode」のプログラムを作成し、大いに交流を深めました。また現地の「NEC Asia Pacific Pte Ltd」、マレーシアの「TDK Lambda Malaysia」へ企業見学へ行き、グローバルビジネスの重要性、英語コミュニケーション能力の必要性について学びました。

全国高専選抜弓道大会で女子個人優勝

3月24日(土)・25日(日)に愛媛県総合運動公園弓道場(愛媛県)において『第9回全国高等専門学校選抜弓道大会』が開催され、本校弓道部の岡田あかねさん(情報工学科2年)が女子個人優勝しました。また、女子団体[竹内菜奈子さん(情報工学科2年)・竹下つかささん(電子制御工学科3年)・岡田あかねさん(情報工学科2年)]が女子団体3位、池田純平くん(電子制御工学科4年)が男子個人3位となりました。さらに、松江高専が射道優秀賞(団体)、竹内菜奈子さんが射道優秀賞(女子個人)を受賞しました。

【弓道部ホームページ】

 

島根県ソフトテニス連盟表彰

3月18日(日)、島根県ソフトテニス連盟から、ソフトテニス部の渡辺祥平君(環境・建設工学科4年)と中村航太君(情報工学科4年)が優秀選手として表彰されました。これは、彼らが中国高専体育大会及び全国高専大会のソフトテニス大会で優勝したことが評価されたものです。彼らは、全校高専大会で連覇を成し遂げており、最終学年となる平成24年度においても、好成績を収めることが期待されます。

チドリの縁結びの輪プロジェクト

3月11日(日)に白潟公園において『チドリの縁結びの輪プロジェクト』(主催:松江高専、東日本大震災松江・島根支援協議会、東日本大震災松江市民から支援する会)が開催されました。このプロジェクトは、東日本大震災による被災地の復興を祈念する取組みで、本校社会奉仕部及び専攻科生が参加して、地上絵・缶バッチ・LEDキャンドル工作・折鶴・光の輪製作(ライトアップ)といった活動を行いました。(JST地域ネットワーク支援推進室)

●LEDキャンドルの工作
社会奉仕部が主体となり「LEDライトキャンドル」の工作を行いました。当日飛び入りで参加できるプログラムで、参加者は「はじめてハンダ付を行った。」といった感想を寄せてくれました。11日夜には作成したキャンドルで【絆】の字をライトアップしました。

●缶バッチの作成
神話の国シマネの縁結び(ENMSB)ネットワークの参加機関である、出雲科学館・三瓶自然館サヒメルより「缶バッチマシーン」を提供して頂き、学生指導のもとプロジェクトのシンボルマークである「チドリ」のイラストの缶バッチを作りました。

●折鶴の作成
犠牲者を追悼し、被災地復興の祈りをこめ折鶴を作成しました。

●地上絵を描こうin白潟公園!
参加者(市内小学生42名)が7グールプに分かれ、学生TAと一緒に白潟公園に約30メートル四方の巨大な地上絵を画鋲と水糸を用いて描きました。

●地上絵を飾る「光の輪」製作
株式会社トリコンよりLEDロープの提供を受け、子供達が白潟公園に描かれた地上絵のライトアップを行いました。この日は山陰合同銀行展望フロアを19時まで開放して頂いたため、ライトアップされた地上絵をきれいに見ることが出来ました。

 

情報工学科2年生が研修旅行を実施

2月27日(月)・28日(火)に情報工学科2年生の研修旅行を実施しました。大阪日本橋電気街を見学し、最先端のIT機器販売現場の実情をよく理解できました。また、神戸中華街や大阪城、道頓堀などで観光を行い、温泉施設に宿泊し楽しいひと時を過ごしました。