中国大連での合同研究発表会に参加

11月15(火)~19日(土)に中国大連で行われた合同研究発表会 in Dalianに専攻科生2名、本科生2名と姉妹校ニュージーランドWINTECの学生1名が参加し、英語で研究発表を行いました。また、大連東軟信息学院と現地企業2社を見学し、オリエンテーションでは大連東軟信息学院の学生や世界各国からの参加者と大いに交流を深めました。

 

『テクノ愛2011』で佳作受賞

11月23日(水)に京都大学で開催された発明&事業化コンテスト『テクノ愛2011』において野津拓郎くん(情報工学科3年)が佳作を受賞しました。本コンテストは、生活・テクノロジー部門で身近な発見から専門的な知識まで幅広いアイデアを募集するコンテストで、高校の部では約400件の応募の中から書類審査を経て選出された9件がプレゼンテーションを行いました。この中で、野津くんの発表した「津波時の避難場所誘導ナビ」は佳作を受賞しました。

 

第6回中海圏域産業技術展に出展

11月18日(金)・19日(土)に、くにびきメッセにて開催された『第6回中海圏域産業技術展-中海ものづくりフェア2011-』に、本校から地域共同テクノセンター・イベントWG・機械工学科が出展しました。このイベントは、中海圏域の製造業を中心とした企業が有する優れた技術・製品・商品等を広く紹介することなどを目的として、松江市等の中海圏域の自治体が中心となって主催したもので、両日併せて4,000人以上が来場しました。イベントWGは「ものづくり体験コーナー」としてロボット工作教室を実施し、機械工学科は「第十一回レスキューロボットコンテスト」に出場したロボットの実演を行いました。また、地域共同テクノセンターが産学連携事例のポスターを出展しました。

科学の縁結び(ENMSB)祭り

11月12日(土)、くにびきメッセ大展示場にて『科学の縁結び(ENMSB)祭り』を開催しました。当日は、学生による「ものづくりブース」や地域ネットワーク参加機関の出雲科学館による「ペーパーホイッスルを作ろう!」、三瓶自然館サヒメルによる「標本展示・エコバック作り・缶バッチ作り」、しまね海洋館アクアスによる「タッチプ-ル」、松江テクノフォーラム会員企業によるブース出展がありました。また、ワークショップやセグウェイ・電動バイク体験、神々の国しまね~古事記1300年~助成事業による「とんと昔のお話会(出雲かんべの里)」や「デジタル紙芝居(古代出雲歴史博物館)」、名古屋大学藤吉隆雄氏による「マンガが描いたサイエンス」をテーマにしたサイエンスカフェ(MTF文化講演会)も開催されました。来場者は延べ2,500名と大盛況で、「来年も参加したい」「とっても楽しかった」「家で出来るかやってみたい」といった感想を多数いただきました。(JST地域ネットワーク支援推進室)

【サイエンスアゴラ2011】

 

科学の縁結び(ENMSB)祭り

11月12日(土)、くにびきメッセ大展示場にて『科学の縁結び(ENMSB)祭り』を開催しました。当日は、学生による「ものづくりブース」や地域ネットワーク参加機関の出雲科学館による「ペーパーホイッスルを作ろう!」、三瓶自然館サヒメルによる「標本展示・エコバック作り・缶バッチ作り」、しまね海洋館アクアスによる「タッチプ-ル」、松江テクノフォーラム会員企業によるブース出展がありました。また、ワークショップやセグウェイ・電動バイク体験、神々の国しまね~古事記1300年~助成事業による「とんと昔のお話会(出雲かんべの里)」や「デジタル紙芝居(古代出雲歴史博物館)」、名古屋大学藤吉隆雄氏による「マンガが描いたサイエンス」をテーマにしたサイエンスカフェ(MTF文化講演会)も開催されました。来場者は延べ2,500名と大盛況で、「来年も参加したい」「とっても楽しかった」「家で出来るかやってみたい」といった感想を多数いただきました。(JST地域ネットワーク支援推進室)

【科学の縁結び(ENMSB)祭りチラシ】