プログラミングコンテスト本選出場決定

7月30日(土)、舞鶴市総合文化会館において『第22回全国高等専門学校プログラミングコンテスト』の予選が行われ、本校の2チームの本選出場が決定しました。本選に出場するチームは、課題部門『MAPHIS ―歩いて広がる歴史の世界―』と競技部門で、本選は12月22日(木)・23日(金)に舞鶴市総合文化会館(京都府)で開催されます。

【全国高等専門学校プログラミングコンテスト公式サイト】

水泳部がインターハイ(競泳)出場へ

7月22日(金)~24日(日)に山口きらら博記念公園水泳プール(山口県山口市)において『第59回中国高等学校選手権水泳競技大会』が開催され、本校水泳部の高田祐介くん(電気工学科3年)が100m平泳ぎで3位に入り、インターハイ(競泳)出場を決めました。また、本校水泳部としても好成績を収め、水泳部創設以来最高の成績となりました。

【松江高専水泳部】

忌部高原 昆虫採集と標本づくり

7月16日(土)・17日(日)に忌部高原にてライトトラップの手法を用いて昆虫採集を行いました。また同時に参加者は松江高専オリジナルLEDライトを作製しました。夜のライト作製は困難でしたが各自自分で作製したライトを持ちライトトラップに集まった虫の採集を行いました。次の日、採集した虫の標本作りを行いました。(JST地域ネットワーク支援推進室)

 

隠岐の自然環境を知ろう~生き物調査・自然放射線観測~

7月23日(土)・24日(日)に隠岐郡海士町にて「隠岐の自然環境を知ろう~生き物調査・自然放射線観測~」と題した、体験講座を実施しました。七類港・海上・海士町と地点を変えてサーベイメータという器具を使い自然放射線量を測ることで自然放射線についての学習を行いました。さらに、海士町の明屋海岸にて、参加した松江市と海士町の子供たちが交流しながら磯に住む生き物の採取を行い名前や特徴を調べました。翌日は岩ガキの養殖所へ行き、牡蠣の付着生物を採集し観察会を行いました。(JST地域ネットワーク支援推進室)

 

保護者授業参観

7月18日(月)に本校において保護者授業参観が行われました。本年度は130名の保護者の方にお越しいただき、学生の普段の授業や清掃の様子などを参観いただきました。アンケ-トにも様々なご意見をいただき、今後の授業改善に反映させていきたいと思います。