まちなか大学祭

4月24日(日)に松江市殿町で『まちなか大学祭』が開催され、松江高専も学生会が中心となって屋台とロボット展示で参加しました。屋台ではフランクフルトとポップコーンを販売し、多くのお客さんで賑わいました。ロボット展示では鉱山探索ロボットとレスキューロボットが展示されたほか、高専生の製作したロボットを実際に操作して楽しんでもらいました。屋台の売り上げの一部は東日本大震災の義援金として寄付する予定です。

【詳細】

 

部活動紹介

4/12(火)に1年生を対象に部活動紹介が行われました。1年生全員が大講義室に集まり、学生会主導の下で実施されました。まず、各部活の活動内容の紹介ビデオを見てもらい、その後代表者が壇上に上がってPRをしました。どの部活も活発に活動している様子を伝えていました。学生会では1年生が積極的に部活動へ参加してくれることを期待しています。

 

古代米アート

4月21日(木)、「古代米アート」を制作するための水田の測量を本校の実践教育支援センターが行いました。これは松江の忌部地区の地域住民と松江高専が連携し古代米を用いて水田に絵を描く取組みに用いるものであり、自然や植物について興味を抱かせる科学振興の一環です。本校では測量と古代米を植える地点をCADを使って割出す作業を担います。5月下旬には地域住民と苗を植える予定です。(JST地域ネットワーク支援推進室)

 

新入生オリエンテーション

4月15日(金)・16日(土)、島根県立青少年の家サン・レイク(出雲市)において、新入生オリエンテーションを行いました。初日は午前中に雨が降り、恒例となった一畑薬師への登山が実施できるかどうか危ぶまれましたが、午後には何とか持ち直し、実施することを告げると学生から拍手が起こりました。クラス別ミーティング、学科別ミーティングなども充実していた様子です。今回の研修を今後の学校生活へ活かしてくれることが期待されます。

 

第26回全国学生書き初め展覧会で入賞

第26回全国学生書き初め展覧会に本校書道部長が出品し、入賞を果たしました。

  • 毛筆の部 特選 益子渚(環境・建設工学科4年)
  • 硬筆の部 準特選 益子渚(環境・建設工学科4年)