学校開放事業の開催

12月23日(木・祝)~12月27(月)まで、小中学校の冬休み期間に下記のような様々な学校開放事業を行いました。また、学校開放事業の開講に合わせて、LTの社会人クラスを実施しました。

【学校開放事業】

  • 『クリスマスツリーを作ろう!』(12月23日開催) ・・・ 松江高専オリジナルの7色に光るクリスマスツリーを作りました。
  • 『チャレンジ工作③~電子楽器テルミンを作ってみよう!~』(12月25日開催) ・・・ 手をかざす高さを変えると音が変化する不思議な電子楽器を作りました。  
  • 『液状化ペットボトルを作って地震について知ろう』(12月25日開催) ・・・ ペットボトルの中で誰でも簡単に液状化を起こすことができる「エッキー」と「エキジョッカー」を作りました。  
  • 『竹を使ったLED行燈づくり』(12月26日開催) ・・・ 親子でお正月用のLED行燈を作りました。  
  • 『ボクシングロボットを作ろう!』(12月27日開催) ・・・ ロボット工作をし、作ったロボットでボクシングをしました。

英作文コンテストで入選

全国英語教育研究団体連合会主催の第49回全国高等学校生徒英作文コンテスト(2・3年生の部:A Letter to Myself in the Future)に夏休み前の課題として本校2年生全員がチャレンジし、村上智大くん(情報工学科2年)の作品が見事入選しました。全国高校2・3年生100余名の入賞者の一人ということになります。

【全英連ホームページ】

知財フォーラムを開催

12月16日(木)に本校大講義室において「知財フォーラム2010」が開催されました。本フォーラムは、文部科学省の質の高い大学教育推進プログラム「知的創造サイクル演習による技術者教育」の事業の一環として開催したもので、田辺特許商標事務所 弁理士 田辺義博氏、株式会社アイ・コミュニケーション 代表取締役 目次真司氏、福島高専 教授 佐東信司氏らを講師として、知財の重要性や創造・保護・活用の知的創造サイクルの具体的な事例が紹介されました。

【詳細】

 

直野寮 ふゆまつり

12月18日(土)に直野寮の寮生会執行部が企画・運営する寮祭「ふゆまつり」が開催されました。スポーツ大会(バレーボール、バスケットボール、バドミントン)、スケッチコンテスト、写真コンテストなどが行われました。また、寮食堂での夕食はバイキングが提供されました。

【直野寮】

ロボコード講習会

12月15日(水)に本校において、北九州高専の白濱成希准教授を講師に招き「ロボコード講習会」が実施されました。本講習会は、戦車型ロボットの動きをJava言語でプログラミングする対戦ゲーム「ロボコード(Robocode)」に関する講習と、ロボコードによるプログラミングコンテストの案内が併せて行われました。集まった情報工学科の学生約40名は、それぞれ自分のロボットの動きをプログラミングし、対戦ゲームを楽しんでいました。