ロボット工作(L/T演習/社会クラス)

5月22日(土)、松江市立母衣小学校において松江市のことばを育てる親の会の総会でロボット工作(L/T社会クラス)を行いました。L/T社会クラスのスタッフ学生10名が4~18歳(35名)を対象にロボット工作、紙飛行機の製作を行いました。スタッフは熱心に指導し、関係者から「子どもたちのあんなに真剣な顔を見たのは初めてでした」との感想をいただきました。

加藤健一助教が論文賞

電子制御工学科の加藤健一助教がシステム制御情報学会から「2010年度学会賞論文賞」を受賞し、5月20日に京都市内で表彰式が行われました。受賞論文は「状態依存むだ時間系の非線形モデル表現とSOS解析」(2008年4月)で、ある種のタイムラグが存在する物理モデルの近似表現とその解析手法を提案し、その有効性を示したものです。

ものづくり講演会・発表会

5月20日(木)に本校において「第4回ものづくり講演会・発表会」が開催され、本校学生・教職員・地元企業の方など約150名が参加しました。講演会の部では、NTTレゾナント株式会社の米川達也氏による講演『ネットワークサービス創造の舞台裏 -若い皆さんへの期待を込めて-』が行われました。続く発表会の部では、情報工学科の学生の考えたシステムの発表会が外部審査員を交えて行われました。

カラコロ大学祭

松江市の中心市街地活性化を目的に、大学生・高専生などがまちなかに出掛け、地域の方々と活動を行う『第2回まちなか大学祭』が5月16日(日)、松江市のカラコロエリアにて行われました。本校からは「高専おもしろロボット大集合」と題して、本校で製作した様々なロボットを展示し、約700名の方が来場されました。また、学生が製作したオリジナルキーフォルダーを無料で配布しました。

松江高専対米子高専定期戦

松江高専対米子高専定期戦が5月15日(土)、松江地区と米子地区に分かれて行われました。松江会場では、バレーボール、柔道、剣道、硬式野球、テニス、バドミントン、文化部交流会が行われ、米子会場では、バスケットボール、ソフトテニス、サッカー、卓球、水泳、ハンドボールの試合が行われました。